人気ブログランキング | 話題のタグを見る

令和4年、明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます!

 今年は寅年!
うちのぺぺ寅はジジイになって、食べる時以外はいつもうつらうつら寝ています(笑)。
2004年生まれだから、もう18歳?このままいつまでも長生きしてほしいものです・・・。
でも、まだまだ元気なんで、そのうち尻尾が二つに割れて、「猫又」になるかも・・・(;^ω^)。
令和4年、明けましておめでとうございます。_f0123712_23523071.jpg
 さて、年末には、恒例行事で診療室の大掃除とワックスがけ・・・。
毎年似たような画像で恐縮ですが、診療室がピカピカになりました。
令和4年、明けましておめでとうございます。_f0123712_00215924.jpg
 去年は、診療チェアの真上の真四角の照明を全部LEDに替えたので、診療室がすごく明るくなりました!(^^)!
ただ、診療室を全面改装してから、今年で19年・・。床とかもさすがに傷んできてるので、今年はそのあたりを多少の手直しをしようかと思っています。
令和4年、明けましておめでとうございます。_f0123712_00222533.jpg
 待合室も同様にピカピカに・・・。
感染対策のため、窓側の雑誌台を撤去し、去年はそこにフェイクグリーンを置きました。
令和4年、明けましておめでとうございます。_f0123712_00225921.jpg
少し角度を変えて・・・。
令和4年、明けましておめでとうございます。_f0123712_00233229.jpg
 今年の正月は、寒いですけど、天気も良くて、なんとなく静かな正月になりました。
中庭の山茶花もきれいに咲いています。
令和4年、明けましておめでとうございます。_f0123712_00113196.jpg
 今年もがんばれそうかな(笑)。
本年もよろしくお願い申し上げますm(__)m。


# by 11846182 | 2022-01-01 23:54 | ごあいさつとお知らせ

2021年、無事にクリスマスを迎えることができました!_f0123712_23324740.jpg
 2021年もいよいよクリスマスを迎え、当院の診療も、あと2日を残すのみとなりました。
まだまだ世間では、いろいろな場面で、新型コロナウィルス感染症の影響が深く残っていますが、当院はおかげさまで、コロナ禍に大きな影響を受けることも無く、無事に今年を終えようとしています。
本当に、感謝感謝です。

 スタッフもこの1年一人も病気で休むことも無く(マジで!)、イヤ、病気以外でも、1日も休むことなく、それぞれができうる限りの最善を尽くしてくれました・・・。
もう言葉にもできないくらい、心からありがたく思っていますm(__)m。

 1年間、バタバタと忙しく、それなりに大変でしたが、終わりよければすべて良し!
 今年のクリスマスは、ちょうど土曜日だったので、会食というほどではないですが、診療終わりに、ピザ一切れとソフトドリンクでささやかな打ち上げをする事になりました。もちろんほとんどマスクは外さず、距離を開けての黙食で、会話する時はマスクをします。これこそはコロナ時代のニューノーマル・・・。
 来年こそは、ちゃんと忘年会をやりたいなあ・・・。
2021年、無事にクリスマスを迎えることができました!_f0123712_23303167.jpg
 スタッフたちは、サンタの格好をしてツリーの周りで寝そべったり、騒いだり・・・・(嘘です・・・(笑))。

 昔のカフェテラスを開いてみると、クリスマス記事は2018年が最後。2019年(令和元年)2020年(令和2年)はそれどころじゃなかったって感じです。
ですから、今年誰彼となく言い出した打ち上げも、この2年間のストレスの現れだったのかもしれません・・・。

 みんな、お疲れ様ー!メリークリスマス!
2021年、無事にクリスマスを迎えることができました!_f0123712_23560068.jpg
2021年、無事にクリスマスを迎えることができました!_f0123712_23563505.jpg
2021年、無事にクリスマスを迎えることができました!_f0123712_23570806.jpg


 さて、クリスマスナイトも静かに更けていっています。
クリスマスナイトを飾るにふさわしい最後の写真は、海と十字架の夕景。
 隠れキリシタンの街、長崎は海と十字架の宝庫です。そして長富美次(おさとみよしつぐ)が、こよなく愛したモチーフでもあります。
2021年、無事にクリスマスを迎えることができました!_f0123712_00060161.jpg
 夕日に浮かぶ「十字架」が、静かで言葉にならない「何か」を物語っているように見えます。

 映画「レ、ミゼラブル」では、節目節目に「十字架」が象徴的に使われています。
「レ、ミゼラブル」が描いたのは、苦悩に満ちた人生の暗黒と神の救い・・・。

 この2年間、世界中のどれだけの人が、神に祈ったでしょうか?
神は「祈り」を聞き届けてくれたのでしょうか?
この静かな夕景が、その答えのような気がします。

 あるドラマのワンシーンのセリフです。
「悲しい出来事が起きた時、私たちに大切なのは、起きた理由を探る事ではない、起きた出来事に意義を見出す事だ・・・。」

 今宵も静かに祈りつつ・・・。





 

# by 11846182 | 2021-12-25 23:25 | スタッフあれこれ

一隅を照らす・・・。

 こんばんは。みなさま、大変ご無沙汰しておりますm(__)m。
本当に、ひさかたぶりのカフェテラスの更新です。

 新型コロナウィルス感染症で、世界中が大混乱し、世間中が自粛している中、カフェテラスもヘルスケア通信もしっかり自粛をしていました(;^ω^)。
でも、そろそろ2年・・・、もうすぐ2年・・・、正直自粛も飽きたな・・・。

 まあ、本当のところを言うと、この2年間、カフェテラスもヘルスケア通信も、何を書いていいかわからなかったんですよね。
イヤ、これ、ホント、正直な本音・・・。
 
 世界中が苦しんで、たくさんの命が突然失われ、従来、当たり前にできていた事が、当たり前にできなくなった時代。
 人と会ったり、話したり、食事したり、音楽聞いたり、感動したり、そんな当たり前が、実は当たり前ではなかったことが改めてわかった時代。
 そこに地球温暖化の問題やネットの進化も絡んで、ありとあらゆる人間の価値観が、崩壊しあるいは転換していく時代。

 僕は、そこに何を語ったらいいのか・・・・。
カフェテラスもヘルスケア通信も、ただの営業か自己満足じゃないのか?
僕の言葉に意味はあるのか?そこに時間を割く意味があるのか・・・?

 でも、ま、2年悩んだけど、さすがに飽きたな(;^_^A。
歯科医師になって35年。僕の診療を理解して、頼りにしてくれている人から励まされることが節目節目にあります。
その人達から、改めて支えられています。心から感謝感謝です。

で、この写真。
一隅を照らす・・・。_f0123712_23403755.jpg
 比叡山の晩秋の景色です。
もうクリスマスも間近だというのに秋の写真ですが・・・(;^ω^)。

「一隅を照らす・・・。」比叡山を興した最澄さんの言葉です。これはいつかまた「光の言霊」のネタにしましょう。
僕は僕らしく、これからも改めて言葉を紡いでいきます。

# by 11846182 | 2021-12-20 23:37 | 院長あれこれ

 令和3年、明けましておめでとうございます!

 今年最初のカフェテラスは、この画像から。
令和の時代の三種の神器?_f0123712_20250560.jpg
令和の時代の三種の神器?_f0123712_20253622.jpg
 例によって昨年12月29日に大掃除をして、12月30日に床のワックスがけをしてもらった直後の画像です。
例年に無く雑然としたままの診療室ですが、あえてこの画像をアップ。
 
 診療室は、床はピカピカになってはいますが、患者様ごとに洗うタオルやブランケットが所狭しと干してあります。
診療室手前側には、オゾン発生器がドーンと鎮座。消毒薬もいつでも手が届くところに配置です。

 待合室の写真の中央のシルエットは加湿機能付き空気清浄機。写真には写っていませんが、換気扇とオゾン発生器も今年の待合室のニューアイテムです。

 換気扇、空気清浄機、オゾン発生器、これ令和の三種の神器!
患者様も含め、私たちの命を守るニュースタンダードです。

 あー、このネタいいなあ。ヘルスケア通信でも使おう(;^ω^)。
 
 ところで、ふと思いついて去年の正月の記事と比べてみました。
去年の方が、やはりピカピカ感はありますね(笑)。

 でも、去年の正月に感じていた、言いようのない不安感は今年はありません。

「でも、まだまだ世界はこれから・・・、2020年も世界全体が大きな変化を迎えていく予感がします。良い方向に変わるのを心から願います。
願ってはいますが、おそらく僕の脳は、まだまだ言うに言えない不安を感じていて、新年を気楽に喜ぶ感じではありません・・・。来るべき2020年に備え、強く気を引き締めていきたいと思っています・・・。そして、皆様の、そして世界にとって2020年が素晴らしい年になることを心から祈っています。・・・」(去年の正月の記事より)

 2020年が、世界にとって素晴らしい年になる事を心から祈っていたにもかかわらず、残念ながら悪い予感が的中して、2020年は想像をはるかに超える大変な年になってしまいました・・・。

 2021年も、早々から日本も世界も大変な事になっています。しかし、少なくともこの1月、2月、3月をなんとか無事に乗り切る事ができたら、後半はいい方向に向かっていくような、実はなんの根拠もないのですが、そんな気がしています・・・。

 今回のコロナ禍を、うまく表現するのはむずかしいのですが、例えば、「破滅」に向けて、誰も止めることができないままなだれ込もうとしていた文明に、誰かが強引にブレーキをかけてくれた・・。そんな捉え方もできるでしょうか。

 あるいは、「パンドラの箱」、と言ってもいいのかも。開けてしまった「パンドラの箱」からは、ありとあらゆる「厄災」が出てきましたが、最後に残っていたのは「希望」でした。
 今後も世界中で、ありとあらゆる厄災が起きるかもしれません。でも、そのたびに、人の心の底に残るのは、明るい未来を作り直す!という「希望」だと思います。そしてそこから、それに向けての努力と変化が起きてくるのだと思います・・・。

 今、世界は苦しみの中にいながらも、環境問題、差別の問題、国家の問題、いろいろなものが激変していっています。
2020年は大変な年だったけれど、気が付いてみれば、実は世界にとって素晴らしい年だった・・・、そんな結末を迎えることを、今回こそ心から願います・・・。

 楽観的、とお叱りを受けるかもしれません。深い苦しみと悲しみの最中にいる方にとっては無神経な発言かもしれません。申し訳ありませんm(__)m。

 どうぞ皆さん、風邪をひかないように、コロナにかからないように、気を付けてお過ごしくださいm(__)m。
今年もよろしくお願いいたします!


 


 


# by 11846182 | 2021-01-09 20:35 | ごあいさつとお知らせ

 今夜のカフェテラス、カテゴリーは「光の言霊」・・・。
今夜はちょっと趣向を変えて、現代の人の言葉から・・・。

 「私たちは星の材料で出来ている・・・・。」

 これは、アメリカの著名な天文学者、カールセーガン博士の言葉です。

 カールセーガン博士、と言えば、私の年代ぐらいの天文ファンにとっては、もう神様みたいな存在。
1980年、テレビで「コスモス(宇宙)」という宇宙をテーマにしたドキュメンタリー番組の進行役をやっていました。

 約40年前、パソコンなるものはほとんど普及しておらず、電話は一家に1台の固定電話、テレビはもちろんアナログの14インチ。CGなんて夢のまた夢。星の写真と言えば動画なんか存在せず、月やピンボケの惑星以外はほとんどが白黒、たまーにアンドロメダ星雲やオリオン座のM42などの有名どころがカラーで「流出」する程度・・・。星の写真は、学者が研究で撮るか、一部の天文マニアが趣味で苦労して撮って、あるいは探して収集していた、そんな時代だったと思います。

 そんな中で、「コスモス(宇宙)」は、宇宙の成り立ちや、地球の運命、時間と空間の旅など、当時の「最新」の天文学の知識を、おそらくはカラーアニメーションだったのでしょう、当時としては最高に美しい動画と音楽で、しかも無料の地上波(当時は地上波なる概念も無かったですが(;^ω^)。)で13回にわたり放映してくれた神番組だったのです。

 その番組の中のカールセーガン博士は、もうカッコイイの一言!懐かしいなああ(遠い目・・・・)。
そして1990年、ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げられて以来、僕が知っていた宇宙の景色は塗り替えられていくのですが・・・。

 さて、表題に戻りましょう。
「私たちは星の材料で出来ている。」

 ホントは、もうこれだけでいいんですよね(笑)、ほら、もうこの言葉だけでロマンチックじゃないですか?
意訳したら、「私たちは星のかけらで出来ている」、って事ですよ(笑)。僕たちの体の中に宇宙があるって事ですよ・・・・。スゴイ!!

 でも、調べてみました・・・。
人間の体を構成する原子は、約29種類。
その内訳は、水素60%、炭素10%、酸素25%、窒素2%、その他3%。
 
 結局、そこらへんに普通にある元素の組み合わせなんですねえ(笑)。

 この事実は、私たちに何を教えてくれるのでしょうか?
ただの物質と人間の、あるいは生命との違いは何なのか・・・?
そして私たちは本当に特別な存在なのか・・・?

2020年は、そんな事も一度立ち止まって考えるいい機会かもしれません。

 私たちは、宇宙からただ体を借りてるだけかもしれませんねえ。
地球も体も大事に使って返さなきゃ・・。
私たちは星の材料で出来ている・・・。_f0123712_00231609.jpg

 




# by 11846182 | 2020-06-26 00:23 | 歳時記・光の言霊


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。