リチャード スペア後記

先日、リチャード スペアの絵を紹介しましたが、その時ひとつ面白いことが起こりました。

その紹介にあたり、私は実は作家の名前すらうろ覚えでした。そこで、絵を買った店にとりあえず正確な作家の名前と、HPで紹介したいので簡単な略歴でいいから教えてくれないか、と頼みました。

すると、作家の名前こそすぐ教えてくれましたが、略歴については販売元へ問い合わせるから、1日待って欲しい、と言う返事でした。HPで紹介、というのがひっかかったらしく、いやいや個人のHPやからそんなおおげさじゃ話じゃないよ、と言ったのですが、とりあえず待つことにしました。

翌日、販売元からの返事は、イギリスのリチャードスペア本人の事務所に問い合わせるから、国際電話になるから、時差の関係で、もう1.2日待って欲しいということでした。
おいおーい!そんな、おおげさな話じゃないってー!

待つことしばし、リチャードスペアご本人から、販売元へ電話があったそうです。
ご自由に略歴を紹介してください、とのことでした(笑)。

と、いうわけで、ご本人お墨付きの略歴です。お手間を取らせた方々のためにも、そのまま転載しておきます。ありがとうございました。

リチャード スペア
1951年英国生まれ
熟練した彫り師として、スペアはこれまでデビット ホックニー、ジム ダイン、ハワード ホジキン等の作品の制作に携わってきた。一方、自身の作品制作にも力を注いでいる。作品のほとんどは作家自身がこれまで旅した場所や、日常の生活からイメージを得ている。最近、アトリエに自らデザインした庭を造り、この庭がスペアの作品の新たな出発点となった。
ドライポイント・エッチングの技法を使うことによりまるでベルベットのような質感を生み出し、かつて訪れたインドやネパールで目にした鮮やかな色彩が作品を際立たせている。スペアは英国内、海外の数多くの展覧会に出品し最近では、ロンドンのロイヤルアカデミーの夏季展に作品を出している。
by 11846182 | 2007-06-18 00:07 | アート スペース

子猫2匹物語

今回はぺぺ'sトークではなく、院長'sトークです。

娘が、また子猫を2匹拾ってきました(* *)。
みゃーみゃー鳴いてるのを、どうしても捨て置けなかったそうです。

またというのは、実は、ぺぺも生後2日目程度のまだ目も開いてない捨て猫でした。
やはり2匹いたのですが、電気あんかをいれたり、おしっこをさせたり、哺乳瓶でミルクを飲ませたり、最後は病院にまで連れて行き手をつくしたのですが、1匹は残念ながら死んでしまいました。

ぺぺの時で少々懲りたこともあり、また、まだ紹介してませんが、うちにはもう1匹子犬がいて、娘もさすがにもうこれ以上、ペットは飼えない事は了解していました。
しかし、今回はもう目が開いているとは言え、まだおしっこもできず、ミルクしか飲めない状態で、放置すれば小さな命が危ぶまれるのは明らかでした。

とりあえず、スタッフや患者さんに貰い手がないか、聞いてみたのですがさすがに簡単には見つかりません。みすみす娘の前で、小さな命を見捨てるわけにもいきません。途方にくれているところに、おもむろに次女が友人にメールを送りだしました。
メールで里親を探すというのです。写真を撮ってメールに載せて学校の友人に送ります。友人はまたその友人に送り、あっという間に、学校の輪を飛び越えて広がっていきました。

それから2.3時間もかかったでしょうか、なんと京都に里親が見つかったのです。
相手の方は、やはり猫を飼っていらして、ちょうど出産だったのですが、死産になり、飼い主の方もがっかりされたうえ、母猫も乳が張って苦しそうということでした。
捨てる神あれば拾う神あり、とはこの事です。
本日、月初の事務処理のためにあけてあった休日を返上して、早速京都まで、子猫を届けにあがりました。

数時間後、写メールをいただきました。
なんとちび猫どもが、その母猫のおっぱいに吸い付いているのです。
もう、ほんと「良かったなあ」のひと言です。

ネット社会は、犯罪の温床などにもなって、ともすると否定的に見ていましたが、今回はネットがなければ絶対に成り立たない里親探しとなりました。
しかし今回は、まためったにない幸運に助けられたのも事実でしょう。なんとも運の強いちび猫たちです。里親になられた方のご厚意に感謝しつつ、このちび猫ちゃん達の、今後の幸せを祈っていきたいと思います。
皆さん、ペットは捨てないようにしましょうね(汗)
f0123712_0102473.jpg

f0123712_0103566.jpg

by 11846182 | 2007-06-07 00:14 | ぺぺです。

f0123712_0302738.jpg

Richard Spare (リチャード スペア)

1951年イギリス生まれ

ドライポイント、エッチングの技法を用い、鮮やかな色彩が特徴、だそうです(笑)。

実際、花の色の鮮やかなオレンジに魅かれ、ほとんど衝動買いをしてしまいました。

改装の時に、絵を掛けるために、大きな壁面をいくつか用意したのですが、

しっかりそのひとつを占領してしまいました。

プロはさすがですね。
by 11846182 | 2007-06-04 00:44 | アート スペース

駐車場脇の植え込みの紫陽花につぼみがつきました。
f0123712_0343354.jpg

この紫陽花は、もともと、平成15年7月の改装のときに、中庭に植えたものです。
翌16年のこの時期はなんとか咲いたのですが、日当たりが悪いのか、風通しが悪いのか、はたまた水が足らなかったのか、どうもうまく育たず、17年は花が咲きませんでした。
ほっておくと、ひょろひょろと伸びるばかりで、葉も小さく色も悪くなってきました。それで思い切って、その秋に外に植え替えることにしたのです。それでも次の年も花はつかなかったのですが、今年やっとつぼみがつきました。
数えてみると、その数7個。多いのか少ないのかは別として、ラッキー7と考えましょう(笑)。
紫陽花は土壌が変わると、花の色も変わるそうなので、いまからどんな花が咲くか楽しみです。
f0123712_0344987.jpg

学生時代はポトスを枯らしたキャリアもあり、どうも土いじりは苦手意識があるのですが、こうして花が咲いてくると、やっぱり嬉しいもんですね。
by 11846182 | 2007-06-03 00:45 | 院長あれこれ


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。