少し前に、早春のやまなみハイウェイを走りたいとブログに書きました。
長富義次の描いた絵の、原風景を見たいと思ったのです。

偶然というか、思い切ってというか、ちょうど、このお彼岸に走る機会ができました。
早速、風景を探しに行ってきました。

これが原画です。
f0123712_22523692.jpg

これが見つけた風景です。久住山を長者原から眺めた景色です。いろいろ探しましたが、たぶんこれが一番ぴったりマッチする気がします。絵のほうの山の形はずいぶんデフォルメされていて、写真の山は小さく滑だらかに感じますが、実際に見ると、大きくそびえたつ迫力のある山です。長富のデフォルメは、その迫力を表したものかもしれません。
f0123712_22533841.jpg

場所と角度を変えて一枚。迫力はこの方があります。広い視界に、いきなり高い山がそびえるこの景色は、関西近辺ではあまり見られません。
f0123712_23114095.jpg


この日は、風が強く、寒くもあったのですが、幸運にも素晴らしい快晴に恵まれたため、阿蘇まで足を伸ばすことにしました。しかし、由布院からやまなみを登る途中、車の外気温計はぐんぐん下がり、一番低いときはなんと0.5度!それなりの重装備はしていたのですが・・・・寒い!
f0123712_23125963.jpg


それでも、一山超えると、穏やかな高原道路が続きます。日本は、四国も中国も東北も、あちこち車で走り回りましたが、なかなかこんな景色はありません。北海道は、まだ自分で走ったことはないですが、どんな感じでしょう?これも一度走ってみたいと思います。
f0123712_2312249.jpg


阿蘇に入って、大観峰からの景色。僕は、高所恐怖症ではないですが、それでも足がゾワゾワします。
f0123712_23144296.jpg

f0123712_23151363.jpg


阿蘇の火口に近づいてきました。ぼわっと今日も元気に煙を吹いています。
f0123712_23475893.jpg

火口道路を登り火口へ。殺伐とした景色です。昔、恐山に登った時の景色を思い出しました。上空にはヘリコプターが飛び交い、ものものしい雰囲気です。空気が薄いせいか、車のエンジンの吹けも悪く感じます。なんかドキドキしてきました。
f0123712_2351119.jpg

火口を覗きます。
f0123712_23523294.jpg
周囲にはトーチカのような避難壕が並びます。ふいに噴火をしたら、ここに入って火山弾を避けるのでしょう。もし、溶岩が来たら?ははは。
毒ガスの危険があるので、心臓病とぜんそくの病気がある人は、近づかないようアナウンスが流れます(汗)。それだけで、十分に心臓に悪いですって。
f0123712_23534290.jpg

最後は観光客になりきってパチリ。
f0123712_23543046.jpg


麓に下りると、なんと桜が咲いていました!。気温0.5度から、半日で桜の季節へ。九州は本当にに雄大なところです。
f0123712_2355183.jpg

by 11846182 | 2010-03-31 00:35 | 院長あれこれ

2010年のF1シーズンが開幕しました。
実は、1987年のロータスホンダ アイルトン セナ以来のF1ファンです。

昨日、今年から参戦する小林可夢偉選手の生インタビューを初めて見ました。
なーかなか、面白いキャラ。
いっぺんでファンになってしまいました。

「結果はわからないけど、レースを楽しむのは得意です。」と本当に楽しそうに話していました。
聞いててこっちも楽しくなりました。

毎レース、楽しみにして応援していきたいと思います。
f0123712_23303152.jpg

by 11846182 | 2010-03-12 23:26 | 院長あれこれ

桃の節句

3月の歳時記と言えば、桃の節句ははずせないでしょう。
もともと「節句」とは、中国から奈良時代に日本に伝えられた風習です。
季節の変わり目に神様にお供えをして、感謝やお願いをするといった類の風習で、室町時代までは「節供」という漢字が当てられていました。。
日本には豊かな四季のなかで育まれたたくさんの節句がありましたが、
このうち現代に伝わる五節句(1月7日「人日」 3月3日「上巳」 5月5日「端午」 7月7日「七夕」 9月9日「重陽」)は江戸時代に幕府がそれまでの節句をもとに公的な祝日として制定したものです。
f0123712_2333563.jpg

昔の人々にとって、節句は一種の民間の神事であると同時に、祈りを共にすることで人々の絆を深める行事でもありました。
日常の雑事を忘れて身体を休め、日頃、あまり口にできない滋養のあるものを食べて鋭気をやしなう貴重な機会、という意味もあったそうです。

で、難しい話はこれくらいにして・・。今日は3月8日。とうにひな祭りはずぎていますが・・・。

「3月3日を過ぎたら、おひな様をすぐ片付けないとお嫁にいけなくなります。」って言いますが、本当の所はどうなんでしょう?
実は、全然そんことはなく、ずっと飾ってもおいてもいいぐらいだそうです。雛人形を飾ることで、女性は慎み深さやたおやかさが身につくのだそうです。本当かって?ドクターコパに聞いてください(笑)。

ちなみに、うちは出したら出しっぱなし、仕舞ったら仕舞いっぱなしでここ数年見た事ありません。慎み深くなるはずがないですね・・・。

もひとつちなみに、僕自身は男兄弟だったんで、ひな壇は飾られた事がありません。
もし小さいとき飾られていたら、あのひな壇を登る誘惑に勝てていたかどうか・・・・(笑)。

登りたかった人いません?
by 11846182 | 2010-03-08 00:11 | 歳時記・光の言霊


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。