人気ブログランキング |

グスタフ・クリムト

 今夜は久々にアートスペースのお時間です。

 マイクロスコープ室の改装に伴い、新しい動線と新しい壁面ができたので、また悪い虫がムズムズと動き出しました・・・(^^;。

 で、今回はクリムトの「花園」です。
グスタフ・クリムトは、19世紀末から20世紀初頭にかけてオーストリアで活躍した画家です。

 クリムトの最も有名な作品は「接吻」でしょう。「接吻」の方なら、「ああ、この絵かあ。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。まあ、これに関しては後ほど・・・・。

 で、今回の絵は「花園」です。
当初は、新しい壁面に、ルノアールかモネあたりの花の絵を掛けようか、と思っていました。しかし、あまりにコンサバ過ぎて、少々面白くない・・・。

 じゃあ、いっその事モンドリアンあたりの抽象画を掛けようかとも思いましたが、これもなかなかサイズと見栄えが一致しません・・・。なかなか判ってももらえないかもしれません・・・。
で、巡りめぐって当たったのがクリムトだったのです。

f0123712_2257296.jpg

 絵を見て、まず、最初の感想は、「やっぱりプロはスゲーわ!」です(笑)。

 やっぱり、プロはスゲーわあ(汗)。
 それこそルノアールあたりの静物画とは違い、なんの立体感も遠近感も無く、ただ平面的に色彩を配置してあります。ただの素人がこんな描き方したら、おそらく小学生の水彩画みたいになるでしょう・・・。やっぱりクリムトがすごいのかなあ・・・(;´・ω・)。

 従来の静物画が、美しい花をそのまま美しく描き出そうとしているのに対し、クリムトは、花の色を一度吸収し、アートとして再配置しています。つまり、何を描こう、とか、見えたまま描こうというのではなく、花をモチーフとしながらも、絵描いたのは様々な色彩が構成する一枚のアートなのです。別に花壇を描いてるわけではありません。これは、まぎれもなく抽象絵画の発想なのです。

 マイクロスコープ室から、CT室へ向かう廊下の突当りに、ダウンライトを落として掛けてあります。
f0123712_2259573.jpg

 遠目に見ると、ただぼんやりした色の塊にしか見えないかもしれません。
でも、それでいいのです。アブストラクトアートですから(笑)!

 ところで、前出の「接吻」の話に戻りましょう。僕は本当は、やはり「接吻」の方が欲しくて欲しくてたまらなかったのです。それぐらい美しい絵画です。
 でも、診療室に「接吻」はどうよ?って意見が一部から出ました。まあ、正直それも納得。
老若男女、子供までが通る廊下ですから、やはり「接吻」は避けましょう。
まあ、そのうち個室を飾る絵としてお目見えするかもしれません(笑)。
by 11846182 | 2014-10-31 00:16 | アート スペース

 10月31日はハロウィーン。
もともとは古代ケルト民族の祭りに端を発する宗教儀式ですが、商魂たくましい今の日本人にとってはそんなのどーでもいい話です(笑)。

 で、10月の飾りです。
f0123712_22183579.jpg

んー、カボチャの上にフクロウが乗って、さらにその上になにやら乗っています・・・。
いまいち関連性がわかんない(^^;。コウモリとか魔女ならともかく・・・。
まあ、ハロウィーンのカボチャが付いているので、10月の飾りでよしとしましょう・・・。

 で、こちらは最近見つけたコンビニスイーツ。
f0123712_2219144.jpg

近年、とみにおいしくなったコンビニスイーツですが(甘党なんで、コンビニスイーツ評論家になれるかも・・・)、こちらはカボチャを使って、普段の3割増しから5割増しのお値段・・・・。
それでも、ついつい買ってしまいましたが・・・。

コンビニスイーツ恐るべし(;´・ω・)!
by 11846182 | 2014-10-30 22:48 | スタッフあれこれ

 さて、前回も書いたように、この秋は月を楽しむ秋でした。

 下の写真は、ご存じ皆既月食の時の写真です。カメラが違うので、スーパームーンの写真とは比較できませんが、簡単なデジカメでこんな写真が撮れるなんてやはり現代の奇跡です。
f0123712_0381763.jpg

 季節も天気も良く、時間帯もわりと早い時間だったので、多くの方が、この美しい天文ショーを楽しまれたのではないかと思います。

 ところで、この月食、月が地球の影に入ることで起こる天文現象、ということは周知の事実なのですが、僕は、今回、この月食をご覧になった方の何割の方が、それを理解されていたかが、実は興味があります(^^;。まあ、全然理解してもらってなくても、きれいねー、って思ってもらえれば、天文ファンとしてはそれで十分なのですが・・・・。)

 誤解して頂きたくないのですが、俺は知ってるぜー!って、知らない人をバカにしているのでは絶対にないことだけは、まずわかっていてください。月は、通常太陽から照らされて輝いていますので、月食は、太陽の光を地球がさえぎることによって起こります。って、これも言葉だけの説明ですよねー!(;´・ω・)。

 何が言いたいか、というと、イメージして頂きたいのです。想像してください!
それは、太陽と、地球と月が、宇宙空間にプカプカ浮いている姿を、です!
 太陽と地球と月が、真っ暗な宇宙空間にプカプカ浮いて、それがちょうど偶然いい位置に来た時だけ、地球はその影を月に映すことができるのです。
 この広大な宇宙空間で、地球の影を映すことができるのは、月だけなのです・・・・。
月食は、地球がプカプカ浮いていることを実際に見せる貴重な機会であり、月と地球は、それぐらい切っても切れない関係なのです!・・・ハアハア(汗)。
何熱くなってんでしょ?(;^ω^)。

 まあ、余談でした。想像しているうちに、宇宙ってすごいなーって、自分で熱くなっちゃいました(笑)。
ちなみに、このブログを書くために、「アースシャドウ」で検索してみると、こんなのも出てきました。
地球の影が映るのは、月食だけではなかったのですね(笑)。
それに、実は人工衛星も理論上映せたりします・・・・。

最後に月食の定義です。

おやすみなさい。





 
by 11846182 | 2014-10-24 01:27 | 歳時記・光の言霊

夏の想い出・1

 台風が、夏の終わりをあっという間に蹴飛ばして、ぐずぐずしてると、もういつの間にか秋深く、いよいよ寒くなってきました(汗)。
いまさらですが、まとめて夏の想い出を・・・・・(;^ω^)。

 まずは、お約束の「8月の飾り」です。
f0123712_014792.jpg

ダラダラ姿の猫は、我が家のペペロンチーノ(実はこれが本名です(笑))?
 この姿を見て、夏の風情を感じることができる方は、少なくとも僕と同じくらいの世代でしょうか・・・?。昔の夏は、今ほど暑くなく、夕方になると縁台とうちわで十分過ごせたものでした・・。そして、ツクツクボウシが夏の終わりを教えてくれたものでした・・・。

 そういえば、8月初めに東京出張が・・・。ちょうどデング熱が発生する直前の代々木公園を訪れていました。夏真っ盛りで、代々木公園はミンミンゼミの大合唱。
関東はミンミンゼミ、関西はクマゼミ。棲み分けがあるのを初めて知りました。
(ちなみにエヴァンゲリオンの中で鳴いているのは、やはりみんなミンミンゼミですね・・・。)

f0123712_031788.jpg

 今年は朝顔を育てることもなく・・・あっという間に終わってしまった8月でした・・。
まあ、実は8月末に泊りがけの講習会があって、この準備に追われていたのですが・・・。
これは別ネタに・・・。

 次は9月の飾り・・・。
f0123712_034810.jpg

今年はスーパームーンに月食に・・・、と月を楽しむ秋でした・・・。
これも改めて別ネタですね(笑)。

 
by 11846182 | 2014-10-24 00:34 | 歳時記・光の言霊


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。