人気ブログランキング |

法灯明

 今夜のカフェテラス、カテゴリーは「光の言霊」3回目です。

今日の言葉は「法灯明」。4番チェアの向かいのモニターの上に掛けてあります。
f0123712_23580836.jpg

 上の額は、恩師に頂いたものです。
前々回に触れた「抜苦与楽」の揮毫を恩師にお願いするつもりだったのですが、「抜苦与楽」ではなく、この書を書いて頂けました(;^ω^)。
教師でありながら僧籍もお持ちの恩師、やはりこの言葉も出典は仏教経典、お釈迦様の言葉です。

 この言葉は、お釈迦様が亡くなる直前に、言わば遺言で言われた言葉です。
「自灯明、法灯明」と、対の言葉になっており、前後を含めて訳をすれば、
「弟子たちよ、お前たちはおのおの自らを灯明(ともしび)とし、自らをよりどころとせよ。他を頼りとしてはならない。この法を灯明(ともしび)とし、よりどころとせよ。他の教えをよりどころとしてはならない。」
と、弟子たちに教えています。

「法」とは、いわゆる「法律」という意味ではありません、仏教用語で、自然の摂理、とか、この世の真実、という意味になります。

「何があっても自分を信じ、自然の摂理に従って物事を考えなさい」、とお釈迦様は最期に強く戒めておられます・・・。
つまり「盲信」を強く禁じていらっしゃるのです・・。

 なぜ、今回、このテーマを挙げたのか・・・、それはやはりイスラム国の事件が起きたからです。

私たち日本は、なんだかんだ言って仏教国です。キリスト教やイスラム教の事は良く知りませんが、お釈迦様が殺生を強く禁じておられるように、世のあらゆる宗教は殺生を禁じているはずです。

 そんな中、イスラム国は「盲信」という「洗脳」を行い、聖戦という名を冠して無差別殺人を行っている・・・、そんな国のような気がしてなりません。

 「法灯明」。お釈迦様は仏教を皆に教えられた上で、さらにその上で、物事を盲信せず自分で正しく考えるよう教えておられます。
私たちは、何事においても、常にこの思いを忘れず、暮らして行きたいと思います。

今後も、世界が平和であることを祈りたいと思います。








by 11846182 | 2015-02-22 00:20 | 歳時記・光の言霊

ぺぺです。

今日は、自撮りにチャレンジ。

うむ、我ながら渋い中年オヤジになってきた。

通った鼻筋と目力(めぢから)がステキ!
f0123712_12585718.jpg














by 11846182 | 2015-02-14 13:08 | ぺぺです。


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。