今夜はひさびさにカフェテラスの更新です(#^.^#)。

 ネタとしては少しベタですが、藤原の道長と満月の話題(^^;。

 平成30年11月23日の夜は、かの藤原道長が「望月の歌」を詠んでから、ちょうど1000年目の満月なのだそうです・・・。
「望月の歌」とは、タイトルにもそのまま使いましたが、
「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば・・・」
(この世は自分のためにあるようなものだ。満月のように足りないものは何もないと思えるから・・・)

 と、道長がわが身の栄華と幸せを詠んだ歌なんですなあ。
一部には傲慢と評する向きもあるようですが、なぜこんな歌を詠んだかは、まあ、こちらでもご覧ください
 
 その日から1000年がたったからと言って、僕に何の関係もある訳ではないのですが、その日の夜はさすがに綺麗な満月でした(#^.^#)。
夜半に「快晴」、というのも変な表現ですが、たしかに雲一つない夜空。
澄み切った夜空に月がこうこうと輝いておりました。こりゃあ確かにキレイだああ。狼男なら気持ち良く変身できるでしょう。

 もし1000年前もこんな綺麗な満月だったとしたら、道長さんも調子に乗って、あんな歌を詠んじゃった心情は理解できます(笑)。こっちのほうが傲慢か・・・・(^^;。

 まあそこでいつも通りカメラを持ち出して、とりあえずパチリ。
f0123712_22583939.jpg
今まで撮った満月の中でも限りなくフルムーンに近い満月なのではないでしょうか?

 もう少しアップでもう一枚。
f0123712_22592602.jpg
 いつもながら最近のカメラは本当にすごいと思います。
ベランダの手すりを支えにしたとは言え、手撮りでこれだけの写真が撮れるのです。

 最近4K動画とかもyoutubeでアップされるようになってきて、紅葉の景色とかを見ていると、本当にキレイですよね。
多少デジタルで加飾されていて、もう肉眼で見るよりキレイかもしれません。もうわざわざ旅行する必要ないかなあ、と感じてしまいます(嘘です)。

 さて、1000年の話に戻りましょう。
そこそこ古典好きの僕としては、時空を超えて藤原道長公や清少納言、兼好法師などなど、古の天才たちが見た月の風情を「思ひつつ」、今日の話を終わりたいと思います。

 


by 11846182 | 2018-11-25 23:41 | 歳時記・光の言霊


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。