人気ブログランキング |

抜苦与楽 

 今回は「光の言霊」2回目です。

「抜苦与楽 忘己利他」 (「ばっくよらく もうこりた」)
 
 もし、僕が、座右の銘を挙げなさい、と言われたら、まず最初に挙げるのがこの言葉だと思っています。
仏教世界の言葉ですが、医療の世界に生きる人間としても、常に心がけておかなければいけない言葉だと思っています。
f0123712_16131537.jpg

 額に入れて飾ってありますが、これ見よがしに、診療室へは出していません・・・(^^;。
スタッフルーム、休憩室、技工室から、診療室へ入る入口に掛けてあります。
f0123712_16133033.jpg

診療室へ入る時に、なにげに見えるようにしています・・・。

 意味は?・・・・、恥ずかしくて、ここで僕の口からはよう言いません(^^;。
後で、リンクを張っておきます。

 スタッフにも意味を教えていません・・・。教えたところですぐに心から実行できる訳ではないので、お経と同じで、意味も判らず毎日見ているうちに、少しずつ変わっていけばと思っています・・。

 僕自身もそうです・・・。お釈迦様ではないので、100%はできないと思っています(汗)。
でも、心がけてはいようと思っています。この程度でご容赦くださいm(__)m。

 抜苦与楽 忘己利他
直訳すれば、「苦を抜き、楽を与えよ。おのれを忘れて他に利せよ。」となります。








# by 11846182 | 2015-01-01 16:41 | 歳時記・光の言霊

2015年、明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m
f0123712_15225864.jpg

 年始の挨拶は、例年は「恒例の大掃除グラフィティ」だったのですが、今年は12月27日に休日診療の当番が当たって、まとまった大掃除はできず・・・。その分ひまひまに掃除をして、ワックスがけもして、綺麗にはしたものの、翌日には急患が来て、結局散らかしたまま・・・(^^;。

 と、言うわけで、ピカピカの診療室の写真は撮れなかったので、今年は干支の置物にご挨拶をしていただきました・・・。

 年末に休日診療所に当番出務をして、あまりに機材が無いのに驚きました・・・。
時代はどんどん変化していっていることを痛感しました・・・。
当院は、今年も、さらなる進化を目指します。
今年も、どうぞよろしくお願い致します。
# by 11846182 | 2015-01-01 15:46 | ごあいさつとお知らせ

2014年大晦日

 2014年も間もなく終わろうとしています。
本当に、今年1年、ありがとうございましたm(__)m。

 最後にスタッフからも皆様に御挨拶申し上げます。
ありがとうございましたー!
f0123712_23365157.jpg
f0123712_23371071.jpg
f0123712_23373256.jpg

f0123712_23373560.jpg

# by 11846182 | 2014-12-31 23:44 | ごあいさつとお知らせ

 今夜はクリスマスイブです。
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

 家族やパートナー、友人と楽しい時間を過ごされた方も多いと思います。
どんな形であれ、世界中にたくさんのハートマークや笑顔が溢れることは、本当に素晴らしいことだと思います。

 イエス・キリストは、まるで狙ってこの時期に生まれて来たかのようです。
クリスマスから新年にかけ、この1年を静かに振り返るのに本当にいい時期だからです・・・。

 私も、この1年の感謝と、反省と、来年の希望を心静かに考えているところです。

 来年からは、「光の言霊」というコーナーを増やします。古今東西の「美しい」言葉を探してみたいと思います。

 今夜は、せっかくクリスマスイブなので、新約聖書から抜粋してみましょう。
 
 新約聖書・エペソ人への手紙、第4章から、
「あなた方は、偽りを捨て、おのおのの隣人に対して真実を語りなさい。私たちは体の一部分として互いにそれぞれのものだからです。」
「悪い言葉を、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要な時、人の徳を養うのに役立つ言葉を話し、聞く人に恵みを与えなさい。」
「無慈悲、憤り、怒り、叫び、そしりなどを、いっさいの悪意とともに、みな捨て去りなさい。お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦して下さったように互いに赦し合いなさい。」

 歳と共に、昔なら絶対読めなかった本が読めるようになってきました・・・(笑)。

 メリークリスマス!

f0123712_2232467.jpg

# by 11846182 | 2014-12-24 22:46 | 歳時記・光の言霊

グスタフ・クリムト

 今夜は久々にアートスペースのお時間です。

 マイクロスコープ室の改装に伴い、新しい動線と新しい壁面ができたので、また悪い虫がムズムズと動き出しました・・・(^^;。

 で、今回はクリムトの「花園」です。
グスタフ・クリムトは、19世紀末から20世紀初頭にかけてオーストリアで活躍した画家です。

 クリムトの最も有名な作品は「接吻」でしょう。「接吻」の方なら、「ああ、この絵かあ。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。まあ、これに関しては後ほど・・・・。

 で、今回の絵は「花園」です。
当初は、新しい壁面に、ルノアールかモネあたりの花の絵を掛けようか、と思っていました。しかし、あまりにコンサバ過ぎて、少々面白くない・・・。

 じゃあ、いっその事モンドリアンあたりの抽象画を掛けようかとも思いましたが、これもなかなかサイズと見栄えが一致しません・・・。なかなか判ってももらえないかもしれません・・・。
で、巡りめぐって当たったのがクリムトだったのです。

f0123712_2257296.jpg

 絵を見て、まず、最初の感想は、「やっぱりプロはスゲーわ!」です(笑)。

 やっぱり、プロはスゲーわあ(汗)。
 それこそルノアールあたりの静物画とは違い、なんの立体感も遠近感も無く、ただ平面的に色彩を配置してあります。ただの素人がこんな描き方したら、おそらく小学生の水彩画みたいになるでしょう・・・。やっぱりクリムトがすごいのかなあ・・・(;´・ω・)。

 従来の静物画が、美しい花をそのまま美しく描き出そうとしているのに対し、クリムトは、花の色を一度吸収し、アートとして再配置しています。つまり、何を描こう、とか、見えたまま描こうというのではなく、花をモチーフとしながらも、絵描いたのは様々な色彩が構成する一枚のアートなのです。別に花壇を描いてるわけではありません。これは、まぎれもなく抽象絵画の発想なのです。

 マイクロスコープ室から、CT室へ向かう廊下の突当りに、ダウンライトを落として掛けてあります。
f0123712_2259573.jpg

 遠目に見ると、ただぼんやりした色の塊にしか見えないかもしれません。
でも、それでいいのです。アブストラクトアートですから(笑)!

 ところで、前出の「接吻」の話に戻りましょう。僕は本当は、やはり「接吻」の方が欲しくて欲しくてたまらなかったのです。それぐらい美しい絵画です。
 でも、診療室に「接吻」はどうよ?って意見が一部から出ました。まあ、正直それも納得。
老若男女、子供までが通る廊下ですから、やはり「接吻」は避けましょう。
まあ、そのうち個室を飾る絵としてお目見えするかもしれません(笑)。
# by 11846182 | 2014-10-31 00:16 | アート スペース

 10月31日はハロウィーン。
もともとは古代ケルト民族の祭りに端を発する宗教儀式ですが、商魂たくましい今の日本人にとってはそんなのどーでもいい話です(笑)。

 で、10月の飾りです。
f0123712_22183579.jpg

んー、カボチャの上にフクロウが乗って、さらにその上になにやら乗っています・・・。
いまいち関連性がわかんない(^^;。コウモリとか魔女ならともかく・・・。
まあ、ハロウィーンのカボチャが付いているので、10月の飾りでよしとしましょう・・・。

 で、こちらは最近見つけたコンビニスイーツ。
f0123712_2219144.jpg

近年、とみにおいしくなったコンビニスイーツですが(甘党なんで、コンビニスイーツ評論家になれるかも・・・)、こちらはカボチャを使って、普段の3割増しから5割増しのお値段・・・・。
それでも、ついつい買ってしまいましたが・・・。

コンビニスイーツ恐るべし(;´・ω・)!
# by 11846182 | 2014-10-30 22:48 | スタッフあれこれ

 さて、前回も書いたように、この秋は月を楽しむ秋でした。

 下の写真は、ご存じ皆既月食の時の写真です。カメラが違うので、スーパームーンの写真とは比較できませんが、簡単なデジカメでこんな写真が撮れるなんてやはり現代の奇跡です。
f0123712_0381763.jpg

 季節も天気も良く、時間帯もわりと早い時間だったので、多くの方が、この美しい天文ショーを楽しまれたのではないかと思います。

 ところで、この月食、月が地球の影に入ることで起こる天文現象、ということは周知の事実なのですが、僕は、今回、この月食をご覧になった方の何割の方が、それを理解されていたかが、実は興味があります(^^;。まあ、全然理解してもらってなくても、きれいねー、って思ってもらえれば、天文ファンとしてはそれで十分なのですが・・・・。)

 誤解して頂きたくないのですが、俺は知ってるぜー!って、知らない人をバカにしているのでは絶対にないことだけは、まずわかっていてください。月は、通常太陽から照らされて輝いていますので、月食は、太陽の光を地球がさえぎることによって起こります。って、これも言葉だけの説明ですよねー!(;´・ω・)。

 何が言いたいか、というと、イメージして頂きたいのです。想像してください!
それは、太陽と、地球と月が、宇宙空間にプカプカ浮いている姿を、です!
 太陽と地球と月が、真っ暗な宇宙空間にプカプカ浮いて、それがちょうど偶然いい位置に来た時だけ、地球はその影を月に映すことができるのです。
 この広大な宇宙空間で、地球の影を映すことができるのは、月だけなのです・・・・。
月食は、地球がプカプカ浮いていることを実際に見せる貴重な機会であり、月と地球は、それぐらい切っても切れない関係なのです!・・・ハアハア(汗)。
何熱くなってんでしょ?(;^ω^)。

 まあ、余談でした。想像しているうちに、宇宙ってすごいなーって、自分で熱くなっちゃいました(笑)。
ちなみに、このブログを書くために、「アースシャドウ」で検索してみると、こんなのも出てきました。
地球の影が映るのは、月食だけではなかったのですね(笑)。
それに、実は人工衛星も理論上映せたりします・・・・。

最後に月食の定義です。

おやすみなさい。





 
# by 11846182 | 2014-10-24 01:27 | 歳時記・光の言霊

夏の想い出・1

 台風が、夏の終わりをあっという間に蹴飛ばして、ぐずぐずしてると、もういつの間にか秋深く、いよいよ寒くなってきました(汗)。
いまさらですが、まとめて夏の想い出を・・・・・(;^ω^)。

 まずは、お約束の「8月の飾り」です。
f0123712_014792.jpg

ダラダラ姿の猫は、我が家のペペロンチーノ(実はこれが本名です(笑))?
 この姿を見て、夏の風情を感じることができる方は、少なくとも僕と同じくらいの世代でしょうか・・・?。昔の夏は、今ほど暑くなく、夕方になると縁台とうちわで十分過ごせたものでした・・。そして、ツクツクボウシが夏の終わりを教えてくれたものでした・・・。

 そういえば、8月初めに東京出張が・・・。ちょうどデング熱が発生する直前の代々木公園を訪れていました。夏真っ盛りで、代々木公園はミンミンゼミの大合唱。
関東はミンミンゼミ、関西はクマゼミ。棲み分けがあるのを初めて知りました。
(ちなみにエヴァンゲリオンの中で鳴いているのは、やはりみんなミンミンゼミですね・・・。)

f0123712_031788.jpg

 今年は朝顔を育てることもなく・・・あっという間に終わってしまった8月でした・・。
まあ、実は8月末に泊りがけの講習会があって、この準備に追われていたのですが・・・。
これは別ネタに・・・。

 次は9月の飾り・・・。
f0123712_034810.jpg

今年はスーパームーンに月食に・・・、と月を楽しむ秋でした・・・。
これも改めて別ネタですね(笑)。

 
# by 11846182 | 2014-10-24 00:34 | 歳時記・光の言霊

花は盛りに・・・・・

 「花は盛りに、月は隈無きを見るものかは・・・・・・。」
知る人ぞ知る、有名な兼好法師の言葉ではあります・・・。
高校時代、かぶれて結構読んだりしましたが、いま考えると、この兼好オヤジ、どう考えてもやっぱりひねくれています(笑)。
 まあ、たまには花冷えに震えながら、三分咲きの桜の下を歩いたり、春の雨に散っていく花吹雪をぼんやり眺めたり・・・、あるいは地球照に照らされた爪のように細い月を、西の空に眺めるのも、それはそれは風情があって良いものではりますが、それでもやっぱり、満開の桜の下を歩くときの、ウキウキするような気分には代えられないものであり、日本に生まれて良かったあ、と思う瞬間でもあります。きっと法師は、満開の桜の下で楽しく騒ぐ庶民が羨ましかったんでしょうなあ(笑)。

 と、言う訳で、今夜は「スーパームーン」です。ネタ振り長い(笑)!
f0123712_2362383.jpg

 いやあ、ほとんど同じ構図で、3年前にもネタにしてるんで、今夜は少し流れを変えて見ました。
この「スーパームーン」、3年前とくらべて同じ倍率、同じ条件で撮っているにもかかわらず、さすがに少し大きいように感じます・・・・、較べてみて下さい。気のせいか(笑)。
 でも「スーパームーン」という言葉は、そのままではいただけません。風情も何もないですからねー。

 ちなみに今夜は重陽の節句でもあります。
これも以前にネタにしていますが、これら「節句」のように、日本には季節や事象をあらわす美しい言葉がたくさんあります。もともと「歳時記」は、その美しい言葉を探すコーナーでもあります。
そして、兼好法師も、その美しい言葉をたくみに操れた一人ではあります。
実は今でも好きだったりして・・・・・(^^;)。

 さて、スーパームーン・・・法師なら、なんと呼んだでしょうか・・・・?
# by 11846182 | 2014-09-09 00:21 | 歳時記・光の言霊

 こんにちは。
暑いですねー(・_・;)。まだまだ7月だと言うのに、もう日中はジリジリと身の置き所がない暑さ!先が思いやられます・・・。こんな時は、カフェテラスのクールなギャグでサーッと冷えて下さい!・・・・あれ?(^^;)

 さて、世の中には「◯◯もおだてりゃ木に登る」って言う言葉がございます。
「◯◯もおだてりゃ・・・」って部分は、へたをすると、ハラスメント発言になりかねない、僕としては使いたくないマイナス言葉なので、ここはモザイクをかけておきました・・・、が、「木に登る!」って言葉は、やはり上昇志向を表すプラス言葉でしょう・・・。言葉ひとつで、スタッフが上昇してくれるなら、僕はいくらでもおだてます・・・!
あれ?・・・、まだ問題発言のにおいがするなあ・・・・(^^;)。

 まあ、それはさておき、ここらで今日の本題です。中庭の木に、◯◯を登らせてみました・・・。
f0123712_19554592.jpg


 もともとは、中庭の木が夏バテ気味で、上の方は繁っているのに、肝心の患者様の目の前が、なんとなく寂しかったのが、すごく気になっていたのです・・・。
はじめは信楽焼のタヌキでも置こうかと思っていたのですが・・・・(笑)。ぜーったいスタッフには反対されたやろなあ・・・・。

 ◯◯の他にも、こんな動物たちがいました・・・。
f0123712_20192733.jpg

 まずはリス。
f0123712_20205114.jpg

一生懸命、登る姿がリアルに伝わっってきて、けなげです(^^)。

 もうひとつはハリネズミ。
f0123712_20233035.jpg

こちらは、診療室の方を向いて余裕の笑みを浮かべています・・・。

 中庭の片隅にはうさぎもいます・・・。
f0123712_20352612.jpg


 他に、こんな不思議なキノコも・・・。
f0123712_20363885.jpg
 

 結構、楽しくて気に入ったので、もうちょっと仲間を増やそうかな・・・・(笑)?
また会いに来てください・・・。
# by 11846182 | 2014-07-26 20:32 | 院長あれこれ


ぺぺです。ここでひと息、コーヒーブレイク。堺市の山本歯科医院のブログです。